ネーミング研究所の考え方

ネーミングは、できれば商品開発から関わって考えていくのが理想です。
というのはやはり、ターゲットや機能、時流などをしっかり計算しながら商品を作っていく段階で
同時にネーミングが生まれて当然なのです。
逆にネーミングが先行して商品が生まれてもいいくらいだと思っています。
ネーミング研究所では、商品をこれから作ろうという方々と膝を交えて、
アイデアから一緒に練っていくことを基本としています。
もし、すでに商品ができていても、これは変わりません。
オリエンシート1枚で「はいできました」というワケにはいかないのがネーミングです。
その商品のことを考えれば当然のことです。
これから、強豪な競合商品と戦っていかなければならないのです。
だからこそ、新商品に関わるたくさんの人の話を聞き、そして議論を交わし、その商品を
どのように育てていくかが決まってはじめて具体的なネーミングアイデアをお出ししたいのです。

それをぜひご理解いただき、そしてご理解いただけるのであれば
全力で取り組ませていただきたいと考えております。
申し上げたように、ネーミングを作る方程式はありません。
唯一あるとしたら先の先まで商品の行く末をクライアントのみなさんと
膝を交え話し合うことであると、私は信じています。