ネーミングづくりにルールはない

ほとんどの企業は、ネーミングを列記し投票し、票の多いいものを選ぶ、ということ行っています。
結果的には、平均点のとれる、そして何よりも売れなくても誰のせいでもない、
『みんなで決めた』というエックスキューズを付加できる。

果たして、それでいいのでしょうか。

新しい商品が生まれるまでには、たくさんの苦労があったはずです。
アイデアや原料のセレクト、生産工程や品質管理など・・・。様々な人々が知恵を絞り、
打ち合わせを繰り返しようやく生まれたせっかくの商品に、いいネーミングをつけてはじめて
完成するのです。ネーミングをつける前に商品が出来上がってしまっている、
そんな錯覚を持っている企業がほとんどです。

ネーミングづくりにルールはないと言いましたが、そのきっかけになるポイントはあります。

それは、その商品が人からどのように見られてどのように育っていってほしいのか、
という明確なビジョンを見出すことです。そもそも商品づくりは、ここから出発すべきものですが、
どうしてもマーケティング的にとか、今ある技術を使えないかなど、ビジョンを持たずに
商品ができてしまっているのが現実です。どんどん新しいものが生まれ、
新しさこそニュースとして注目される世の中ですから、それも仕方ないかと思います。

だからこそ、生まれた商品としっかり真正面から向き合い、本当に好かれる愛される部分はどこなのか。
そこにどんなイメージを付加することで、さらに愛され続ける商品になるのか。
ビジョンを見出すことがネーミングづくりの一番重要なポイントなのです。